MENU

田七人参と自律神経

 

私は田七人参を漢方の生薬であるということから知りました。

 

色々調べてみると、田七には、「止血剤として血を凝固させる働きと、血の循環を良くするために固まりにくくさせる働き」であるということが分かりました。

 

これは、一見、相反するような効果がある用に思えますが、むしろ、「血液を本来の正常な状態に戻す」ということだといえます。

 

 

同様に、田七人参には、「鎮静作用と興奮作用」の二つの効果があります。

 

これに関しても一見矛盾するような作用で、西洋医学では考えられないことだが、これも「精神状態を正常に戻す」と言えそうである。

 

 

田七人参に含まれる「サポニン」成分は、強心作用があることは知られていますが、大脳を鎮静させる作用も持っていて、精神的な疲労や肉体的な疲労を回復させるなど自律神経にも作用するということがわかっています。

 

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」があって、通常、体が活動しているときは交感神経が支配し、副交換神経があって、通常、われわれの体が活動しているは交感神経が支配しているが、また、神経が興奮したり緊張していたりするときにも交感神経が働きます。

 

これに対して、副交感神経は休眠中や休憩したり、お風呂にのんびりつかっているとき、音楽を聴いてのんびりしてしているときに働きます。

 

交感神経が適切に刺激されているときはいいが、常にイライラしたり、緊張したり、余計なことに気を揉んでばかりいたりするとエネルギーをそれらのことで消耗させてしまうそうです。

 

この自律神経を整える効果が田七人参にはあると言われています。

 

 

>>白井田七 一番安く買うことができ、返金保証つき 公式サイトはこちら<<